ペットの目や耳の病気とは?

ペットの目がしょぼしょぼしていたり、耳から異臭がしたりすることはありませんか?それは病気のサインかもしれません。症状を見逃すと、重大な病気につながる恐れもあるので、小さなサインを見逃さないよう毎日の健康チェックをおすすめします。特に目や耳は細菌などで病気が発症しやすいので、注意が必要です。

白内障

高齢のペットに多く発症するのが白内障。遺伝によって若いペットでも発生する場合があります。症状は視力低下、目が開かない、白目が赤くなる、涙を流すなど。目の中にある水晶体という物質が白く濁るのが特徴で進行がとても速い病気です。治療法は、目薬や内服薬が処方されます。薬で目の炎症を抑えることができ、視力が戻る可能性もありますが、重度の場合は手術が必要になります。白内障は、悪化することで網膜剥離や緑内障などのほかの目の病気を引き起こす可能性がありますので、ただちに動物病院で診察を受けましょう。

緑内障

ペットの緑内障の特徴は、目が赤くなったり、角膜の濁りがあったり、重症化すると眼球が飛び出し失明することもあります。眼球が膨張することで神経が圧迫され、様々な目の不具合が現れる症状です。初期段階では症状があまり現れないので発見が遅れる場合もあるそうです。特に眼球が飛び出すようになるまで気付かずに放置すると失明する場合があるので注意が必要です。治療は、目の充血程度の場合は目薬と内服薬の使用ですが、重症化し視力が悪くなっている場合は手術が必要になります。その場合は完全に治らないことが多いです。

結膜炎

目が充血していたり目やにが多く出ていたり、目の周りの脱毛や炎症がみられる場合は結膜炎の可能性があります。原因は目の炎症やウイルスによるもの、アレルギーなど多岐に渡ります。治療は目の洗浄や目薬が処方されます。アレルギーの可能性もあるので、目やにが出ているときは目やにを検査して原因を探る場合もあります。目をこするような仕草が出たら結膜炎のサインです。目を爪で引っ?いてしまい重症化するケースもあるので、早めに対処しましょう。

外耳炎

耳の病気で最も多いのが外耳炎です。耳から異臭がする、耳垢が茶色や黒っぽいなどの症状がみられる場合は外耳炎の可能性があります。寄生虫やアレルギー、細菌、耳掃除不足など原因は様々です。また耳が長い種類やたれ耳の場合は、耳の通気性が良くないので細菌が繁殖しやすくなり、外耳炎になる可能性が高いです。治療は洗浄剤や塗り薬などの外用薬が処方されます。外耳炎は正しい耳のケアで防ぐことができますので、ペットの耳のケアはしっかりと行ってください。

ページの先頭へ