犬の医薬品の種類について

犬の医薬品にも、医療用医薬品と一般医薬品があります。一般薬は家に常備しておくと便利ですが、種類が豊富でどんな薬を選んだらいいのか悩みますよね?犬用のおすすめの医薬品を紹介するので参考にしてみてください。

犬の薬にも種類があるの?

犬の医薬品にも、医療用医薬品と一般医薬品があります。医療用は処方箋が必要ですが、一般用医薬品はドラックストアやネットでも簡単に手に入れることが出来ます。ノミの駆除剤や皮膚炎薬、目薬、下痢止めなどは市販されており種類も豊富なので、いざというときに備えて常備しておくと便利です。

おすすめ!犬の医薬品

★フロントラインプラス

ノミやマダニの駆除薬です。多くの獣医師さんが選ぶ駆除剤として有名です。犬の体重によって種類が変わります。犬に寄生したノミの成虫だけでなく卵の孵化・発育まで阻害する働きをもっています。さらに犬のシラミ駆除の効果も確認されているそうです。

★ヒビクス軟膏 犬猫用 7.5mL

犬猫兼用の皮膚病治療薬です。抗炎症作用や抗真菌作用をもつ4つの有効成分(トリアムシノロンアセニド・ナイスタチン・硫酸フラジオマイシン・チオストレプトン)が、皮膚病の治療に効果的に作用します。皮膚表面の炎症に効果があります。

★シーナック(C-NAC)

犬用の白内障治療薬です。白内障治療薬キャンCと同成分のジェネリック医薬品なのでキャンCより安く手に入ります。白内障だけでなくドライアイや目のかゆみにも効果を発揮してくれる薬です。

★ティアローズ 犬用 5mL

お手頃な値段で人気があるのがティアローズです。結膜炎・角膜炎・眼瞼炎(がんけんえん)の治療薬です。非ステロイドの抗炎症剤です。

★ビオイムバスター錠 犬猫用

犬猫兼用の胃腸薬です。食欲不振・消化不良・下痢などの症状に作用します。錠剤の大きさが小さめなので、小型犬にも簡単に投与することができるのでおすすめです。

★ドロンタールプラスフレーバー犬用

犬用の回虫駆除剤です。Bayer(バイエル)社製の薬で、3つの有効成分(プラジカンテル、パモ酸ピランテル、フェバンテル)が回虫・鉤虫・鞭虫などを駆除します。ビーフ味の薬ですので、犬がストレスを感じづらく楽に投薬することが出来ます。

ページの先頭へ